ももクロとAKBの匿名性、ハロプロの当事者性

 
ももクロとAKBの匿名性


ももいろクローバーZ「GOUNN」MV - YouTube
 
ももクロの新曲『gounn』。
先行公開されたインスト版は本当にかっこよくて繰り返し聴いているが、
後から公開されたボーカル入りのMVを見てがっかりした。
ももクロって、CDの歌声ですらこんなに下手なの……?
歌声が入ったせいで、楽曲の圧力がすっかり無くなってしまった。
(メロディに捻りが無いのが分かってしまったせいもあるかも)
 
問題は、楽曲のスケールと歌い手の実体が離れすぎていることだ。
ももクロのファンの人たちは、メンバーの歌唱に不満は無いのだろうか。
それとも今は我慢して、歌が上手くなるまで待ってあげているのか。
なんにせよ、イワシの頭を贅沢に飾り立てて崇め奉ったところで、メンバーが道化になるだけだ。
 
楽曲と歌い手が結びついていないのはAKBも同じだろう。
AKBの場合は曲も酷い。
旧時代の流行歌を表面的になぞっただけの無個性なメロディに、
まるでカラオケのイメージ映像を文字に起こしたかのような、観念的で実感の薄い歌詞。
そんな曲を、十人以上の大所帯グループが平坦なユニゾンで歌う。
メロディ、歌詞、歌唱のどこにも人格が見えず、ばらばらで交わることがない。
 
 
ハロプロの当事者性

ももクロやAKBを見るにつけ、ハロプロの良さは当事者性があることだとつくづく思う。
当事者性とは、歌い手が楽曲の真実にどこまで深く迫れているか、というものだ。
 
ハロプロといえば、恋愛中毒の女の子を描いた下世話な歌詞に、粘っこく切れの悪いメロディ、
くどくて甘ったるい歌唱が合わさって、独特の野暮ったい世界が作られているところだが、
その世界にはまた、決して他人事として切り離せないような強いリアリティがある。
実感を伴った歌詞と個性的なメロディ、そして歌い手の当事者性によって生み出されるリアリティだ。
 

スマイレージ 「好きよ、純情反抗期。」 (MV) - YouTube
 
『好きよ、純情反抗期』は、スマイレージの代表曲の一つ。
ずっと真面目な子で生きてきた少女が、恋と出会い、恋に夢中になったあげく、
彼氏に会うため親に黙って夜中に家を抜け出してしまう。
そんな少女の独白が、情熱的なメロディに乗って語られていく。
歌唱はソロが中心で、一本調子にならないためのアクセントとしてユニゾンが入る。
 
2番以降のサビに「お母さんだって夢中で誰か愛したことあるでしょう」というフレーズがある。
少女の激情が、突き抜けるように鮮やかな言葉で放たれる、曲中で最も重要なフレーズだが、
これを歌唱力上位の三人がソロで歌う。
1番は竹内朱莉、2番は田村芽実、大サビは一番歌が上手い福田花音
三者三様の歌声で、少女の燃え上がる感情を表現している。
『好きよ、純情反抗期』が、まぎれもなくスマイレージの曲であることを思い知らされる。
 
楽曲を自分のものにするために、アイドルは歌唱力とダンスを鍛え、歌詞を読み込んでいく。
そうして訓練を積み重ねていった先に、楽曲の当事者としての説得力が生まれる。
説得力を持った人たちだからこそ、信じられるし、好きになれるのだ。