読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

oramuda氏のコメントについて

 
コメント欄の書き込み。
http://natsuo.hatenablog.com/entry/2014/06/23/222708
http://natsuo.hatenablog.com/entry/2014/07/03/224227
 

聖職者様 (id:oramuda)
  
ああ続けたいの?
別にいいよ? お前のブログのコメント欄がぐっちゃぐっちゃに荒れるだけだからさぁ。
じゃあここで反撃やってあげようか。長文でね。
change_K
相変わらずつまらんな。才能ゼロ。
俺以外に反応してもらえない露出狂の気持ちを教えてくれwww
 
 
 
change_K
まだやってたwww意地で続ける凡才芸www
oramudaさん、ブログで連載したほうが多少は当たる可能性が増すと思うよ。
急がば回れ
 
 
 
 
まとめて回答:はいはい嫉妬乙。
自分では何ひとつ生み出せないくせに、人の生産物を上から目線で論評して、
それで何かを作り出した気になっているだけの無生産者乙。
悔しかったら自分もエントリ上げてみれば?
きっとトラバとかブコメとか付かなくて歯軋りするんじゃない?
ねえ、自分の才能が存在しない事を認められないから文章を書かずにいるだけの、
正真正銘の凡才君。
それから、自分のブログでやったらどうとかそれはお前に命令される事じゃないから
黙っとけこの豚野郎。
自分のブログでやるわけないだろう? お前じゃないんだからさあ。
匿名日記に噛み付いて、反論されない安全なところからブックマークコメントで
一方的に批判して、そんで当該記事において反撃を受けたらまたブコメ更新して、
それもさらに反撃されたら自分とこのブログに記事を無断転載してまで攻撃を続けるような、
卑劣低俗なお前とは違うんだからさぁ。
それから、6はトラバたくさんついたよねぇ?
「自分以外には相手してもらえない」ていう、お前の指摘内容と違うねぇ?
反応しているのはお前だけじゃないし、一時間で30トラバ以上は付いたねぇ。
そもそもトラバなんて欲しくもないから、これからは断固たる対応を取ると宣言したけどね。
ねえどんな気持ち? 自分の思惑と現実が食い違って、ねえどんな気持ち? 教えてよ!
アハハハハ! お前以外にもあの文章に反応する奴はいるんだよ? 道化だねぇ!
その程度もわからない馬鹿なんだねぇ!
まぁこれからはトラバも一切付かなくなるだろうから、それに乗じて単純で低脳極まりない
お前はまた「自分以外には反応されない」とか糞ブコメ付けるんだろうけどさ。
お前みたいな個人ブログで人の書き込み叩くような奴に対しても、
トラバつけられた時と同じ対応するから、覚悟しとけよこのクソ野郎。
具体的には、一度ブコメつけてきやがる度に、このブログのコメント欄に
可能な限りの祝詞を書き込むから。
それから、増田の当該エントリの方にもお前のブコメへの反撃をきっちり載せておくからね。
アウェーじゃなくホームなら何をされても防げると思ってるんだろうけど、
きっちりアウェーでも片をつけるから。
気付かなかったから放置していたのを、わざわざ教えてくれてありがとう。
おかげで、はてなに通報してそれで済ませてやろうという優しい気持ちも失せたわ。
徹底的にやるから。
宗教家って根気ないと勤まらないからね。
こんな風にね。

f:id:change_k:20140705095025p:plain
 

匿名日記に噛み付いて、反論されない安全なところからブックマークコメントで
一方的に批判して、

これは違う。
私はoramuda氏が反論してくることを想定したうえでブコメを書いていた。
ブコメにも書いた通り、私はoramuda氏の増田を初作から見ている。
だから、oramuda氏が追記でブコメに反論してくることも知っている。
 
ついでに言うと、oramuda氏こそ、増田で私に反論しておきながら、
そのログに私を誘導したことがない。私はいつも自発的に調べて
oramuda氏のログにたどり着いている。
 

それから、6はトラバたくさんついたよねぇ?
「自分以外には相手してもらえない」ていう、お前の指摘内容と違うねぇ?
反応しているのはお前だけじゃないし、一時間で30トラバ以上は付いたねぇ。

おめでとう!
ただ、私はブコメ数を目安に注目度を判断していて、トラバのことは考慮してなかった。
 
あと創作に関しては、私は作曲とSSをやっていて、作品を自サイトやSNSで公開している。
 
 
・今後の対応について
反論などの、対話を前提としたコメントなら受け付けるが、
意味不明な大量の文字列を繰り返し貼りつけるのは、ただの破壊行為でしかない。
もし同様の行為を今後も続けるのであれば、
oramuda氏が今後コメントを書けなくなるように対処せざるを得ない。