読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

テキストサイトの実力

テキストサイト

 

よっぴー氏(オレイズム)の文芸


ミスチル裁判 お祭り 大阪 クリスマス  日常
 
自選集らしきページに載っているので、おそらく自信作なのだろう。
 

自アン民の文芸


 
左から、ツェッペリン箱作、瀬川おんぷ箱作、プロファイラー麗子氏、セクシーポリス24時氏。
 
セクシーポリス24時氏のテキストは、ブラウザゲーム汝は人狼なりや?」のプレイヤー名一覧。
SF作品のタイトルという設定だが、初期はタイトルのネーミングだけに留まらず、
全角40字まで書ける自己紹介コメント欄に、ウィットの利いたあらすじを書いていた。
残念ながらそのあらすじは保存していないが、タイトル一覧だけでも見応えはあると思う。
ちなみに、人狼プレイヤーとしてのセクシーポリス24時氏は、思考力も話術も一級品の実力者だった。
 

文芸のセンス

よっぴー氏については、「ザ・一般人」という印象しかない。
暴力都市大阪やクリスマス非モテといった安易な着想。それを平坦に広げるだけの作文。
普通の人ってこうなんだな、と改めて思う。
よっぴー氏に限らず、テキストサイトというのはたいていこんな感じだろう。
 
自アン民のような文芸を見て、ようやく面白いかどうかを考える気になる。
もちろん、自アンでも面白い文芸に出会えることは少ないのだが、
上に紹介したような作品が普通に投稿される場所であることは確かだ。
 
 
よっぴー氏の作品は2000年代前半の古いものが多いが、それで彼が不利になるとは思わない。
むしろ、若い時こそセンスのいい尖った文芸ができるのではないだろうか。
 
私も過去に自アン他でネタ文章を書いてきたが、そういう実感がある。
年の功で語彙が増え、文章を整える力が上がっても、代わりにセンスが落ちてくる。
鮮烈な表現が生まれず、文章に勢いや圧力が出なくなってくる。
そんな自分の変化を感じて、私は語呂遊びよりもギミックに頼ることが多くなった。
 
年をとってからセンスを伸ばすのは難しいと思う。
テキストサイト管理人のように、頭も体も充実した二十代の時期につまらなかった人は、
生涯を通してつまらないままなのだ。